データ入稿について

データ入稿時には必ず最終チェックをお願いします。
※Windows 7 『JIS2004フォント』について重要なお知らせが有ります。 ※記事もあります。


出力依頼書

・ここから出力依頼書をダウンロードしてご使用下さい。
 出力依頼書PDF(248KB)
Adobe Acrobat Reader PDFファイルを見るには Adobe Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader はアドビシステムズ社より無料で配布されています。

指定アプリケーション

・イラストレーター 5.5J・8.0J・10.0.3・CS・CS2〜CS6 ※CCは対応していません。CS6型式で保存して下さい
・QuarkXPress 4.10r2J
・InDesign CS3〜CS5
・フォトショップ7.0、CS、CS2〜CS5 ※RGB 特色不可

イラストレーターについて

●トンボを入れて下さい。
線・塗り共に「なし」のボックスを制作します。そのガイドラインを選択し、フィルタ→クリエイト→トリムマークを使用し、
線の指示をレジストレーション100%、太さは0.2pt以上で指定して下さい。

●文字データはアウトライン化して下さい。
フォントはすべてアウトライン処理を行って下さい。
未処理場合、再入稿していただかなければ作業が進行できません。

●罫線は「塗り」を透明に、「線」に着色して下さい。
罫線の表示が「塗り」だけで設定されているとモニターやプリントでは表示されますが、印刷では反映されません。
線幅は0.4pt以上で設定して下さい。

●4色ベタは使用しないで下さい。
4色総ベタは裏写りやトラブルの原因になります。締まった黒を表現されたいときはK100%+C40%に設定して下さい。
さらに深い黒を表現されたいときはK100%+ C,M,Y,各40%に設定して下さい。

●スミ以外の色でオーバープリントを使用されている場合は、どこに使用されているか、指示をお願いします。

●配置データも必ず添付して下さい。

●配置データはラスタライズではなくリンクで配置して下さい。
埋め込み(ラスタライズ)の場合、作業に時間がかかります。埋め込まれた画像の訂正は別途料金が必要です。

●ラスタライズの効果設定は、高解像度(300dpi)でお願いします。

フォトショップについて

●RGBデータは出力できません。
必ずCMYKに変換して下さい。

●保存形式はEPSのJPEG(最高画質・低圧縮率)または、PSD,Tiffでお願いします。

●画像は適切なサイズにして下さい。
画像は原寸サイズで300〜350dpiにして下さい。
線画は2階調モードで原寸サイズ、1200dpi。これ以上解像度をあげても印刷の仕上がりは変わりません。

PDF入稿について

●PDFの保存形式についてご注意下さい。
PDFでの入稿は基本的にPDFX-1aか、PDFX-4準拠のものをご用意下さい。(SCREEN製OutlinePDFも可)

そ の 他

●バックアップを必ずとって下さい。
お預かりしたメディアは慎重に取り扱いますが、予期せぬデータ破損が発生した場合の責任は負いかねます。

●不必要なデータは添付しないで下さい。
制作途中に別名保存された不完全データや他の作品データなどが入っているとトラブルの原因になります。

●塗り足しは必ず3mm考慮して下さい。
仕上げの断裁時に必要になります。

●Microsoft office系ソフトについて
Microsoft office系ソフトで作成されたデータは、事前にご相談下さい。お問い合わせは、こちらからどうぞ